審美歯科

銀歯のないメタルフリーのお口へ

奥歯のむし歯治療では保険適用となる銀歯ですが、頑丈な反面、いくつかデメリットもあります。まず、口の中で目立つこと、そして接着面の隙間からむし歯菌が侵入し、むし歯が再発する場合もあることが挙げられます。

また、金属アレルギーの方にとっては銀歯はアレルゲンになります。そのため、今まで平気であった方にとってもアレルギーを誘発する可能性があります。銀歯よりも高品質な修復材には審美歯科にて交換することが出来ます。銀歯を装着してから長い年月が経っている場合には、経年劣化のおそれもありますので、非金属の被せ物への変更をお勧めします。


オールセラミック

オールセラミック 画像

セラミックでできたインレーです。色の設定ができ、光を透過する素材のため、美しく自然な仕上がりになります。また、ハイブリッドインレーよりも劣化や吸水性がなく、より固く、透明感があります。

セラミックラミネート

セラミックラミネート 画像

歯の表面をごく薄く削り、セラミックなどの材料で出来た付け爪状のものを貼り付けます。短期間で歯並びや歯の摩耗、形の修正が可能です。天然歯を削る量も微量で済み、負担はほとんどありません。

メタルボンド

メタルボンド 画像

中身の部分は金属で、外側にのみセラミックを貼り付けたものです。見た目が良く、自然で変色せず、強度も高いので非常によく使用されます。裏側にはセラミックがなく、金属が露出しています。

ハイブリッドセラミッククラウン

ハイブリッドセラミッククラウン 画像

セラミックとレジンを混ぜたかぶせ物です。セラミックほど硬くはないため、噛み合わせの歯を傷つけにくいという特徴があります。またセラミックに比べると経年とともに変色も起こりやすい材質です。

症例を詳しく見る


歯磨きでも落とせない汚れはクリーニングで

クリーニングではむし歯や歯周病等の原因となる、歯石や歯垢を取り除きます。超音波スケーラーまたはハンドスケーラーという器具で歯の表面についている歯石をこそぎ取り、細菌の温床を除去します。

歯石は歯磨きで掃除するには硬すぎるため、クリーニングを定期的に受診いただく必要があります。歯の表面がひどく汚れている場合には、この作業をするだけでも多少歯が白くなります。

ホワイトニングで自慢の白い歯を獲得

歯を白くする方法は、研磨剤入りの歯磨き粉を使った歯磨きと、歯科医院にてホワイトニングを受けるという2つの方法があります。

研磨剤で歯磨きをすると表面を薄く削ることと同じ効果が得られます。ホワイトニングは過酸化水素や過酸化尿素を塗布し、化学反応を起こして、活性化した酸素が汚れを分解するという方法で歯を白くします。歯磨き後の歯の色とは少し違った綺麗な白さを手に入れることが出来ます。

症例を詳しく見る