入れ歯

入れ歯は歯の欠損部の粘膜の上に義歯を据えて補う治療法です。バネを用いて両隣の歯に引っ掛ける部分床義歯と、全ての歯を補う全部床義歯があります。また、失った歯の両隣の歯に橋を架けるように義歯を入れるブリッジもあります。

治療費や治療期間、機能などのご要望をお伺いして、患者様のご希望に則した治療法をご提供します。

歯が抜けたまま放置していませんか?

歯が抜けてしまったものの、他の歯で噛めるからいいう理由で放置している方はいませんか?実は歯が抜けたままで放置をすると、様々な面で状態が悪化し、後のメインテナンスが大変になってしまうのです。

具体的には、かみ合っていた反対側の歯が突出してきたり、両隣の歯が空白になったスペースに倒れこんできたりします。これらの歯の変化は歯並びを悪化させ、発音やかみ合わせに影響しかねません。歯が抜けた場合は、そのままにはせずになるべく早く治療にお越しください。

入れ歯の種類

レジン床

プラスティックでできた入れ歯で、保険が適用されるので経済的です。しかし、材質や形態などに制限があります。

コバルトクロム床

比較的安価に提供することが可能な材料です。金属が持つ高い強度によって床を薄く製作でき、装着しても発音が比較的滑らかにできます。高い熱伝導率により飲食物の温冷を感知しやすいことが特長です。

チタン床

大変軽く、柔軟性があり、インプラントでもおなじみの生体親和性が高い材料であるため、金属アレルギーの方も使用できます。金属床の中で最も薄く、装着感も良好です。

目立たない入れ歯って何?

入れ歯は装着の違和感や目立つことなどのデメリットがある治療法でしたが、それらを解消した製品がノンスクラプデンチャーのような「目立たない入れ歯」です。金属のフックがないので、目立つ口元を気にする必要はありません。自費診療となりますが、インプラントにしたいけれどもまだ出来ないという方におすすめです。


ノンクラスプデンチャ―

金属製のクラスプ(入れ歯を支える金具)がないタイプの入れ歯で、目立たないため審美性に優れています。弾力性があるので、装着時にフィットし、違和感がありません。