一般歯科

一般歯科ではむし歯治療や欠けた歯の治療などを行います。むし歯は主な歯科受診理由の一つです。皆さまの中にも治療の経験がある方も多いことでしょう。

むし歯は進行すると自然には治らないため、早めの歯科治療が必要です。その理由は、むし歯治療はう蝕部分を削る必要があるため何度でも可能なものではなく、5回程度が限界と言われているためです。したがって、むし歯を再発させないよう食生活とブラッシングを見直し、定期検診の受診をこころがけましょう。

なぜむし歯になるの?

むし歯はミュータンス菌などの菌によって発生します。ミュータンス菌は歯垢となって歯に付着し、糖質を得て酸を産生することでカルシウムやリンを溶かし、これがむし歯の原因となります。そのため、甘いものを多く摂取したり、歯質が弱いとむし歯が発生しやすくなります。普段から適切な歯磨きを行い、歯垢を除去しておくことと、糖を摂りすぎないことがむし歯予防に大切です。

また、唾液には溶けたカルシウムやリン(脱灰)を修復する再石灰化という働きがあるため、唾液が口を満たすこともむし歯予防になります。フッ素入りの歯みがき粉を用いることでも再石灰化が見込めます。

むし歯の進行について

要観察

表面が溶かされて白く濁って見えます。通常は治療はしません。この段階であれば、フッ素入り歯みがき粉などを使い、健康な歯に戻すことができます。

初期むし歯

歯の表面であるエナメル質の限られた狭い範囲に穴ができている状態。この段階でもまだ痛みや冷たい飲み物などでしみることはありません。治療で削る際も痛みをほとんど感じません。

進行したむし歯

むし歯がエナメル質を溶かし、歯の内部に広がり、象牙質まで進んだ状態です。冷たい飲食物で痛みを感じるようになります。むし歯に侵された部分を除去し、詰め物を行います。

歯髄まで進行した虫歯

むし歯が神経(歯髄)まで進んでいる状態です。表面の穴を削ってみると内部でむし歯が広がっていることがあります。痛みが激しくなります。神経を除去する「根管治療」を行います。

歯質が失われた歯

歯根だけ残った状態です。根の先に膿が溜まり、痛むことがあります。大抵の場合、歯を抜くことになります。抜歯した場合、義歯治療やインプラントを行うこともあります。

削って詰め物で修復

むし歯の治療は基本的にはう蝕部分を削り、詰め物やかぶせ物を装着して歯の形を補うことを行います。歯科用プラスチック(レジン)で一日で治療するレジン修復法と、型を基に修復物を作製し後日装着するインレー修復法があります。神経まで達したむし歯には根管治療を行いますが、一度では消毒が不充分のため、何度かに分けて歯の中の消毒を行います。

一度削った歯は二度と元に戻らないため、なるべく早期に受診して、削る量を最小限に留めましょう。

健康リスクのあるアマルガムを除去

アマルガムは、一般的に銀歯とよぶ修復材のうち、金属(銀、銅、錫などの)の粉末と水銀を混ぜた材料でできたものです。詰める時には軟らかく、その穴に確実に密着して穴を塞ぎます。いったん詰め終わると非常に硬くなり、強い噛み合わせにも耐えることができます。

しかし、アマルガムに含まれた水銀はガス化すると環境汚染につながる物質でもあります。口の中で削った際に水銀が蒸気化し、これを吸い込むと 健康被害のリスクが生じます。これを避けるために、当院ではアマルガムが適応されている方は除去をお勧めしております。

保険でできる白いかぶせ物

保険適用の代表的な修復物としては銀歯とレジンがあります。レジンは白い歯科用プラスチックであり、銀歯よりも自然に仕上がります。 当院ではCAD/CAM冠(きゃどきゃむかん)を取り扱っております。

これはCAD/CAMという機械で、レジンなどの混合物をかぶせ物の形に削り出す技術です。保険診療で、前歯から数えて4、5番目にある小臼歯にのみ適応できます。

術前

術後