歯科口腔外科

歯科で治療する病気は、むし歯、歯周病や義歯治療などがありますが、これら以外にも口腔内や顎には様々な病気が起こります。例えば、口内炎が一向に治らない、親知らずが腫れる、歯が原因の炎症がある、事故によるケガなどがあります。

口腔外科では、これらの 顎口腔領域の外科処置を行います。歯以外のお口周りのお悩みを伺いますので、なんでもご相談ください。

歯科口腔外科ではこんな症状を扱っています

親知らず

第三大臼歯、通称「親知らず」は10代後半から20代前半にかけて生える奥歯です。

垂直に生え、 上の歯とかみ合っている場合は問題がありませんが、水平に生えることで歯並びを乱し始めた場合、むし歯になった場合、上か下の片方しか生えていない場合は親知らずを抜歯することがあります。歯肉に埋まったままの埋状歯も歯を分割しながら除去します。

口内炎

口の中や舌の粘膜に起きる炎症である口内炎にはいくつかの種類があります。 ストレスやビタミン不足によって細菌感染し、発生する アフタ性口内炎やウイルス感染によるヘルペス性口内炎などのほか、真菌感染によるカンジダ性口内炎までまであります。

口腔外科では口内炎の特定を行ってから、それぞれの症状に合った治療を行っていきます。

歯ぐきの膿

むし歯を放置し続けた結果、歯根の先に膿の袋ができて、歯ぐきが腫れたり痛みが起こることがあります。その場合、歯の神経を抜く根管治療を行うことで消毒ができます。

しかし、根管治療ができなかったり、根管治療の予後が悪く膿が再発した場合には歯根の端を1、2mm切断し、取り除く 歯根端切除術をすることで、抜歯を回避することができます。

こんな外科的治療を行います

口腔外科では神経が死んだむし歯が更に進行し、根の部分に膿が溜まると、歯根端切除術を行います。また、歯ぐきの中に埋まったままの親知らずも必要と判断した場合、歯ぐきを切開し、抜歯いたします。

いずれの治療においても じっくりと検査をした後に施術します。腫瘍や嚢胞などの切除や摘出も安心して治療を受けていただくことができます。

東京歯科大学水道橋病院と医療連携も

認定賞状

クリニックで診断した結果、専門的な治療や大きな手術を必要と診断された場合は、病院への紹介状をお渡しします。診察の後で、大きな病院を改めて紹介された方もいらっしゃることでしょう。

当院は、医療連携の推進のために東京歯科大学水道橋病院の協力医療機関として認定されております。そのため、口腔癌や重度の顎関節症などの診断が可能な場合、上記の病院へ紹介状をご用意いたします。質の高い医療をご提供するために最善を尽くしますので、ご安心して受診ください。