小児歯科

小児歯科では、お子さんのむし歯予防・治療、歯の適切な発育のサポートを致します。乳歯には次に生えてくる永久歯の場所を確保し、自然と抜けることでバトンタッチするという役割があります。「どうせ抜けるから」と諦めないで、むし歯にならないように気を付けましょう。

早くから歯科医院で顎の成長を管理することで、将来的なお口の健康を獲得することが出来るため、予防歯科に通うような感覚でお子様と小児歯科を定期的に受診ください。

乳歯は歯医者で守る

子どものときに歯科医院に頻繁に通った記憶がある方もいるかと思います。それはブラッシングが不十分だったことや、お菓子の食べ過ぎが原因だったかもしれませんが、その他にも乳歯の歯質にも要因があります。

乳歯はエナメル質が薄く、しかも生えたてだと歯質が未熟なのでむし歯がすぐに象牙質に到達し、痛みが出やすいのです。その歯質を守るための下記のような処置を小児歯科では行っております。


フッ素

フッ素を歯に塗布すると、酸によって脱灰したカルシウムやリンを取り戻す「再石灰化」を促し、歯質を強化します。歯科医院では歯磨き粉よりも高い濃度のフッ素を塗布します。これを繰り返し行うことで、更に効果を発揮します。

シーラント

奥歯の窪みは複雑な形をしていて食べかすや細菌が溜まりやすく、毎日歯磨きをしていても少しずつむし歯になっていくことがあります。むし歯になりやすい奥歯の窪みを物理的に塞ぐことで、むし歯を防ぐことが出来ます。シーラントは仮歯などに使う歯科用プラスチックを薄く塗って固める治療です。

子どもから無理なく矯正を

日々成長し続けるお子様にとって、適切な噛み合わせは良好な食事、ひいては栄養摂取を可能とするため、とても大事です。歯並びが悪いことは、発音に影響を及ぼしたり舌癖がつくこともありますので、早い時期から矯正を開始することをお勧めします。

矯正治療は、顎の成長の力を利用することで効率的に行うことが出来ます。将来的な不正咬合も幼児期から観察しながら矯正を行うことで、予防することが出来ます。治療の開始時期を診断するため、前歯が生え変わった頃に一度ご相談ください。専門医をご紹介いたします。