歯周病治療

歯周病って何?

歯周病は病原菌による感染症です。菌にとって好都合な環境になると繁殖し、それに伴い、免疫反応が歯周組織などに悪い影響を与えることで起こります。むし歯のように歯自体が蝕まれていくのではなく、痛みも病気が進行しないと感じないため、発見が遅れることがあります。

珍しい病気ではなく、沢山の人が歯周病に罹っているということが分かっています。しばらく歯科医院に通ってないという方は歯周病検査を一度受診されることをお勧めします。

歯周病の進行

歯肉炎

歯肉と歯の隙間にある歯肉溝の掃除を怠っていると、細菌が溜まり歯肉が腫れ、歯周ポケットを形成します。歯周ポケット内にプラークや歯石が付着した状態が続くと歯肉が炎症を起こし丸みを帯びます。ブラッシングやフロスの際に出血します。このときの歯周ポケットの深さは2~3mm程度です。ブラッシングやスケーリング(歯石除去)などで症状が治まります。

歯周病初期

歯肉炎から、さらに細菌感染が進んだ状態です。歯周ポケットの深さは3~4mm程度になっています。ブラッシングやフロスをすると出血します。細菌感染の進行により結合組織付着が喪失し、もう元には戻りません。この時点で歯周病だという自覚は、まだありません。

歯周病中程度

歯肉の炎症はさらに進み、赤みが増し腫れぼったくなります。歯周ポケットの深さは4~5mm程度です。歯周組織の破壊もさらに進行し、骨の破壊を伴い、歯周ポケットは深くなっていきます。ブラッシングやフロスでの出血が多くなり、深くなったポケットには歯石が溜まります。このころから人によっては歯周病の進行を自覚します。

歯周病重度

歯肉の炎症はますます進み、赤くブヨブヨとした歯肉になります。歯周ポケットの深さは5mm以上になります。それと同様に歯周組織の破壊も加速し、歯を支えている歯槽骨が少なくなります。歯肉は若干退縮し、歯が長く見えます。ブラッシング時には、出血だけでなく膿が出ることもあり、強い口臭などの症状も認められます。

再生療法で歯周組織を治療

進行した歯周病は歯槽骨の吸収を招きます。病原菌に侵された組織と歯石を除去しても、骨がなくては歯が支えられません。そこで歯の根などを綺麗にした後は骨を再生させる治療を行います。

エムドゲイン

エムドゲインとは、ブタ歯胚組織を使用した歯周組織再生材料のことです。この治療法は歯周ポケットが6mm以上となっている歯肉に対して使用します。ある程度歯肉を縫合したところに注ぎ込み、経過を見守ります。GTR法が適応できない場合に、エムドゲインを用いることもあります。

GTR法

GTR法とは、(Guided Tissue Regeneration)を意味します。1980年代の半ばに登場した方法で、簡単に言うと、骨の無くなった部分に、医療用の皮膜を設置して、骨の再生を促す方法です。ただ、この方法は、欧米人に比べて歯肉が薄いアジア人にとっては、手術が難しいという難点があります。